スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'04.06 (Sun)

ラジオ深夜便「日本映画を見直して」レポ

遅くなっちゃいましたが、ラジオ深夜便のレポが出来上がりました。

聞き逃しちゃった!という方や、

聞いた内容を振り返りたいなと言う方などなど、

いろんな方に楽しんでいただけたらなと思います。

今回、2万文字程度のレポなんですが、

対談形式と言うことでカナリ長いので下に折りたたんでおきます。

「続きを読む」(READ MORE)を押して、読んでください。

 

レポの部分では、 聞き手の遠藤さんは「遠」

石井克人監督は「石」つよぽんを「剛」

2人が同時に喋っている部分は
オレンジ色の文字
で表していきます。

ちなみに、前のテンプレートでは、

石井監督の文字カラーの黄緑色が見づらかったので、

思い切って変えちゃいました(笑)

たぶん見やすくなっていると思います。

それではお楽しみください。

スポンサーサイト

テーマ : SMAP - ジャンル : アイドル・芸能

07:24  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'04.06 (Sun)

(携帯から閲覧の方用)ラジオ深夜便「日本映画を見直して」レポ

携帯電話からのアクセスでは、
レポを読めないというコメントをいただきましたので、
携帯電話からでも読めるように工夫しました。

ただ、文字数制限がそれぞれの会社で何文字までなのか分からないので、
とりあえず2000文字ずつならいけるだろうということで(au携帯では確認済みです)、
ほぼ2000文字ずつに分割してアップしています。

なので、パート1~パート11という分割数になってしまいましたが、
おそらくこれで携帯からでも閲覧していただけると思います。
もし、この文字数でも閲覧できないという場合は、
「拍手」や「コメント」からお知らせください。

パート1:http://244love.blog58.fc2.com/blog-entry-1103.html
パート2:http://244love.blog58.fc2.com/blog-entry-1104.html
パート3:http://244love.blog58.fc2.com/blog-entry-1105.html
パート4:http://244love.blog58.fc2.com/blog-entry-1106.html
パート5:http://244love.blog58.fc2.com/blog-entry-1107.html
パート6:http://244love.blog58.fc2.com/blog-entry-1108.html
パート7:http://244love.blog58.fc2.com/blog-entry-1109.html 
パート8:http://244love.blog58.fc2.com/blog-entry-1110.html
パート9:http://244love.blog58.fc2.com/blog-entry-1111.html
パート10:http://244love.blog58.fc2.com/blog-entry-1112.html
パート11:http://244love.blog58.fc2.com/blog-entry-1113.html

FC2ブログランキング
今回のblogはどうでしたか?よかったら、ランキング協力お願いします!

07:23  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'04.03 (Thu)

日本映画のよさを見直して(ラジオ深夜便)

ちまちまとレポを書いてるんですが、書き終わりませーん^^;
放送された当日からやってるのにまだ半分くらい。
(いや、半分もいってるのかさえビミョー)
対談形式だと時間かかっちゃうね・・・

でも、そろそろ感想だけでも書いちゃおうと思います。
(大した感想でないのが申し訳ない^^;)

40分ぐらいなのかな?
「日本映画の良さを見直して」ということで、
つよぽんと石井監督と遠藤さんの3人での対談。

内容としては、山のあなたの話がメインだったけど、
その、山のあなたで習得した
マッサージを親やメンバーの要望があればしてあげたいとか、加瀬さんの話とか、
器械体操部に入ったきっかけとか、堀越高校に無遅刻無欠席で通った話とか
友達に話すような口調になっちゃったのをちゃんと謝ったとか、カナリ面白かったです!
バック転が出来ることに対して、
「木村君も出来るんですけどー、僕の方が連続で3回とか4回とか出来るんでぇ」
って言ってたりもしたし(笑)

にしても、全体的に話を聞いてて、つよぽんは真面目だと思った。
役に取り組む姿勢も、のめりこみ度が凄いと石井さんもおっしゃってたし。
それって、真摯に取り組んだ結果だろうなぁと思うし、
高校時代は、2時間かかる学校に無遅刻無欠席だもんね。
1回くらい遅刻しちゃいそうなものなのに、しっかり通いきった所が凄いし、
高校生の頃に
「時間がちゃんといけるんだったら、やっぱり学校は行った方がいい」とか、
そんなに真剣に高校に通うことに対して考えたことも凄い。
私にはそんな考えなかったなぁ・・・
行きたくない学校だったからか、ムリヤリ行かされてるような感覚で、
いかにしてサボるかと言うことばっかり考えてた。おかげで出席日数ギリギリ。
私の高校時代につよぽんのこういう発言聞いてたら
もっとしっかり考えて高校通えただろうな。
まぁ、過去は変えようがないから、今日から少し真面目にやっていこうと思います。
とりあえず三日坊主はいやだからせめて4日間は頑張る!(笑)

FC2ブログランキング
今回のblogはどうでしたか?よかったら、ランキング協力お願いします!

テーマ : SMAP - ジャンル : アイドル・芸能

07:24  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'04.01 (Tue)

ラジオ深夜便(08・04・01)「日本映画のよさを見直して」(11)

剛:監督からホントに、セリフのトーンから、その立ち振る舞いとかも、もう自分の肌になじむぐらいに見てくれって言う指示があったので、皆役者・・役者さん、まぁ堤さんは見なかったんですけどぉ(笑)
石:(笑)あえて見ない!と、俺は
剛:あえて見ないって感じで(笑)堤さんは見なかったんですけど、僕はやっぱりちゃんとこう見て、やっぱりあの~、徳市がやっぱりこう、中心となって話が進んでいったりするので、だからもうホントにその徳大寺さんのお芝居ずーっと見てて、研究は凄くしました。表情だったりとか
遠:へぇ~
剛:でも、なんていうのかなぁ、凄く気質が少し似てまして、徳大寺さんと
遠:徳大寺さんと。そうですか
剛:そんなになんかねぇ、あの難しいことはなかったというか、何回も何回も見てるうちに、すんなりと出来てくる自分が不思議なぐらいに
遠:へぇ~
剛:ええ。なんか、これも一つのやっぱりちょっと偶然なのかなって思うくらいに
遠:はぁ
剛:なんか、自分の中ではまりました
遠:あぁ、そうですかー
剛:ええ
遠:へぇ~。あの、1番ね、ご自分で好きなシーンって?
剛:あの~、やっぱり最後に美千穂の為に、こう、まぁ、ちょっと誤解なんですけど、ちょっと、うん、こう助けようとするんですけど、そこは、ええ
遠:やっぱりね、あそこかなぁ~と
剛:ええ
遠:私ね、あそこ、何か凄い草なぎさんが
剛:ええ
遠:ご自分自身と言うかなぁ、なんていうんだろう?草なぎさんそのものっていう感じがして
剛:あっ、そうですかぁ~。ハハッ(笑)
遠:ええ、あそこ凄いなぁ~と思ったんですよ
剛:ああ、あっ、そうですかー
遠:ええ
剛:ありがとうございます。なんかそのー、徳市~は、負けん気も強くて、凄く、あの、もちろん目が見えないっていうハンデもあるんですけど、自分の人生を凄く楽しんでて
遠:はい
剛:凄く、うーん、強い、強いんですけど、どんどんとちょっと崩れていくんですよね。ちょっと恋もしちゃうし。その美千穂に
遠:はい
剛:恋もしちゃうし
遠:はい
剛:でも、ちょっと自分が、思ってることとちょっとずれていて、ちょっと自分の中ではまっていっちゃうみたいな
遠:ええ、ええ
剛:姿が
遠:ええ、ええ
剛:そこがなんか、あのー、せつなくて、何か愛くるしくて、人間っぽくて
遠:ええ~
剛:そこらへんの何かあたりが、僕はやっぱり最後の方に向けて
遠:ええ
剛:どんどんと出てくるので
遠:はぁ~
剛:だから淡々としてる映画ではあるんですけど、
遠:はい
剛:このー、徳市は徳市なりに、凄く悩んでて
遠:ええ
剛:そういう面では、複雑な心情があるので、そこは凄くみっ・・見所だと思います
遠:あぁ~。何かねぇ、やっぱりこう、今生きてる人のも共通するものいっぱいありますよねぇ
石:そうですね、凄い共感できますね、徳市には
遠:そうですか~。あ~、ねっ、最後はどうなるかは、ええ、言わないでおきましょう(笑)
石:いやあの(笑)
遠:今日はホントに楽しいお話ありがとうございました
石:ありがとうございました
剛:どうもありがとうございます
00:11  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'04.01 (Tue)

ラジオ深夜便(08・04・01)「日本映画のよさを見直して」(10)

石:そういうのが全然ない人で、ホントにもうこっからみたいな感じでぇ、撮ってて
遠:はぁ~
石:動いてるから、一緒に動くみたいな、この人凄い!と思って、そん時に(笑)それからですね、清水さんって、凄いなぁ~と思って
遠:あっ、そうですか~
石:そんでまぁ、ロケ~、まぁ、70年前からロケ撮ってるはしりみたいな人なんで
遠:ええ
石:ホントにあの~、投機っていうんですか?弁士の人が喋るみたいなのが、え~っ、終わって、
普通の映画になって、ホントに7,8年ぐらいの時に、こんな映画作れる人って、天才だなって思って。
まぁ、とにかく僕がこう、あの、凄い試行錯誤って言うか、凄い悩んでたことが、一気にその清水さんの手法みたいのを見て、パッってこう、晴れたんですよね
遠:あ~
剛:ふ~ん
石:んで、これはなんかこう、したいな!と思って、ほんで、まぁ、こっ、カラーにして
遠:ええ
石:例えば、モノクロをカラーにして
遠:はい
石:音を良くしてみたいな感じで、少し考えたんだけど、ちょっと現実的ではないっていうことで、で、え~っと、じゃあこれはもう撮り直したほうがいいなと思って、え~っと1度松竹の方に行ったんですけど、その、企画書もって
遠:はい
石:いや、まぁ、行って頂いたんですけど、そこで1回断られたんですよね。んで~、3年位して、え~っと、プレスの飯島さんから、やれる・・やれそうなんで、やらない?みたいな話になって、それ是非!ということでやらしていただくことになったんですけどねぇ
遠:あ~、そうですかぁ~。やっぱりこう映画ってそういう意味では凄い繋がってるわけですからね。やっぱり昔のねぇ
石:はい
遠:あのー、いろんな監督の作品からヒントを得ることって多いんですねぇ~
石:そうですねぇ
遠:おっ・・でも今あの、映画ね、日本映画とても元気ですよね
剛石:そうですねぇ
遠:いい映画沢山ありますよね。こう、嬉しいことですけど、イチイチちょっとね、日本映画って言うのはこう、ちょっと低迷の時期がありましたけど
石:はい、はい
遠:ホントにいろんないい作品が出てきますけども
石:はい、はい
遠:それは
剛:やっぱりいいものは、やっぱりいいんじゃないですかね?
遠石:(笑)
剛:いいものはいいのでぇ、やっぱり認められるんじゃないでしょうかね?
遠:う~ん、それはやっぱり人ですかね。監督とか、そう、さっきおっしゃったね
石:うん
遠:草なぎさんがおっしゃった、やっぱりこう楽しんで作って
剛:うん
遠:なおかつそこに、何か凄いおっしゃったようにね
石:はい
遠:いろんな昔の人のところからヒントを得てっていう
石:あ~
遠:そういうのがあるんですかねぇ
石:はい
剛:うん
遠:ねぇ。う~ん。これからどういう風なものを
石:はい、はい
遠:更にまたこの先ってこと考えてらっしゃいますか?
石:この先ももちろん考えてます
遠:あ~
石:まぁ、全然違う映画とか、まぁ、精神映画とか
遠:ええ
石:すごいバイオレンスな映画とか
遠:はい
石:まぁ、アニメーションとか
遠:うん
石:そうですね、まぁ、今後2,3年でやりたいなと思うのは、今もうシナリオ書いたりとか
遠:ええ
石:絵で描いたりとかして
遠:ええ
石:やってますねぇ
遠:あ~、そうですか
石:はい、はい
遠:あの~、この~、戦前の
石:はい
遠:こう、清水監督の映画を
石:はい
遠:こう、今ね
石:はい
遠:詳しくこう、あの、ホントにこう、お作りにね
石:はい
遠:え~っ、なられて
石:はい
遠:で、1番得たことってどういうことですか?
石:まぁ、全部に対してその、そのまぁ構図とか、そのお芝居のつけ方とか、まぁ、タイミングとかぁ、
まぁ、ホント経験として、やっぱそのー、清水さんが、いかに凄いかって言うのが、撮りながら分かったっていうか、まぁ、みんなその~スタッフも、オリジナルを知ってるから、そのー、こう、良くしよう!みたいな勢いみたいなのはあるじゃないですか
遠:うん
石:役者さんにしても僕はこうやりたいんだみたいな。なんていうんですかね、まぁそれだけ珍しかったって言うか、この映画が
遠:う~ん
石:その今までの映画の、最近の映画の中では。だから凄い、皆燃えて作ったんだなみたいな
遠:はぁ~
石:だから、だから僕が最初思ってたより、ものすごい完成度なんですよね、できあがりが
遠:あっ、はぁ~、なるほどねぇ
石:だから凄い感無量ですね
遠:感無量ですか
石:はい、そうですねぇ
遠:そうですか。草なぎさんは・・
剛:はい
遠:この映画の役をね、徳市を演じる、あの、前にも、何度も昔の映画をご覧になって
剛:はい
遠:役者さんの仕草とかそういうものは
剛:あっ、そうですねぇ
遠:ええ
00:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。