スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'04.01 (Tue)

ラジオ深夜便(08・04・01)「日本映画のよさを見直して」(11)

剛:監督からホントに、セリフのトーンから、その立ち振る舞いとかも、もう自分の肌になじむぐらいに見てくれって言う指示があったので、皆役者・・役者さん、まぁ堤さんは見なかったんですけどぉ(笑)
石:(笑)あえて見ない!と、俺は
剛:あえて見ないって感じで(笑)堤さんは見なかったんですけど、僕はやっぱりちゃんとこう見て、やっぱりあの~、徳市がやっぱりこう、中心となって話が進んでいったりするので、だからもうホントにその徳大寺さんのお芝居ずーっと見てて、研究は凄くしました。表情だったりとか
遠:へぇ~
剛:でも、なんていうのかなぁ、凄く気質が少し似てまして、徳大寺さんと
遠:徳大寺さんと。そうですか
剛:そんなになんかねぇ、あの難しいことはなかったというか、何回も何回も見てるうちに、すんなりと出来てくる自分が不思議なぐらいに
遠:へぇ~
剛:ええ。なんか、これも一つのやっぱりちょっと偶然なのかなって思うくらいに
遠:はぁ
剛:なんか、自分の中ではまりました
遠:あぁ、そうですかー
剛:ええ
遠:へぇ~。あの、1番ね、ご自分で好きなシーンって?
剛:あの~、やっぱり最後に美千穂の為に、こう、まぁ、ちょっと誤解なんですけど、ちょっと、うん、こう助けようとするんですけど、そこは、ええ
遠:やっぱりね、あそこかなぁ~と
剛:ええ
遠:私ね、あそこ、何か凄い草なぎさんが
剛:ええ
遠:ご自分自身と言うかなぁ、なんていうんだろう?草なぎさんそのものっていう感じがして
剛:あっ、そうですかぁ~。ハハッ(笑)
遠:ええ、あそこ凄いなぁ~と思ったんですよ
剛:ああ、あっ、そうですかー
遠:ええ
剛:ありがとうございます。なんかそのー、徳市~は、負けん気も強くて、凄く、あの、もちろん目が見えないっていうハンデもあるんですけど、自分の人生を凄く楽しんでて
遠:はい
剛:凄く、うーん、強い、強いんですけど、どんどんとちょっと崩れていくんですよね。ちょっと恋もしちゃうし。その美千穂に
遠:はい
剛:恋もしちゃうし
遠:はい
剛:でも、ちょっと自分が、思ってることとちょっとずれていて、ちょっと自分の中ではまっていっちゃうみたいな
遠:ええ、ええ
剛:姿が
遠:ええ、ええ
剛:そこがなんか、あのー、せつなくて、何か愛くるしくて、人間っぽくて
遠:ええ~
剛:そこらへんの何かあたりが、僕はやっぱり最後の方に向けて
遠:ええ
剛:どんどんと出てくるので
遠:はぁ~
剛:だから淡々としてる映画ではあるんですけど、
遠:はい
剛:このー、徳市は徳市なりに、凄く悩んでて
遠:ええ
剛:そういう面では、複雑な心情があるので、そこは凄くみっ・・見所だと思います
遠:あぁ~。何かねぇ、やっぱりこう、今生きてる人のも共通するものいっぱいありますよねぇ
石:そうですね、凄い共感できますね、徳市には
遠:そうですか~。あ~、ねっ、最後はどうなるかは、ええ、言わないでおきましょう(笑)
石:いやあの(笑)
遠:今日はホントに楽しいお話ありがとうございました
石:ありがとうございました
剛:どうもありがとうございます
スポンサーサイト
00:11  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

諦めていたので夢のようです!

こんなに長文のレポを、携帯でも読める様にして下さり感謝しておりますす、有り難うございました。せっかくの日曜の時間を、この作業の為に使ってしまいましたね、お手数かけてすみませんでした。ゆっくりと読ませてもらいます。有り難うございました。
目玉焼 | 2008年04月07日(月) 01:44 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://244love.blog58.fc2.com/tb.php/1113-96308719

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。