FC2ブログ

2006'10.12 (Thu)

僕カノ最終回

僕カノの再放送が最終回を迎えたので、
最後ぐらい感想書こうかな~ってことで、
書きま~す。

凛ちゃんの親権をとられて、
自暴自棄になってる徹朗さん。
だけど、しだいに、大切なことに気がついて、
自分を取り戻す徹朗さん。

そして、凛ちゃんと離れていても、
父親に愛されてると思っててもらいたいという言葉に、
ホントジーンとしてしまって・・・。

FC2ブログランキング
ランキングに参加してます!
応援クリックしていただけると、
日々のやる気につながります。
やる気の1クリックお願いします


【More・・・】

最初は、
もっと凛ちゃんのこと、気遣ってやれよ!
って感じだったけど、
凄くいいパパになったなぁ~って。

結局この物語では
凛ちゃんと別れる結果になってしまったけど、
ホント、家族の大切さ、
凛ちゃんの大切さに気づけてよかったよね。
きっと、奥さんが家出とかしなかったら、
ずっとああいう仕事人間のお父さんだったと思うし。

そして最後に、徹朗さんが
オムライスを凛ちゃんと
ゆら先生に振舞ってるところでは、
もう泣いちゃったよ~
悲しいとか言うんじゃなくて、
なんだか温かい気持ちになれました。
今日で終わってしまうと思うと寂しいな・・・
またしばらく、録画したビデオを見る日々になりそう。
すばらしい作品をありがとう。

スポンサーサイト



テーマ : SMAP - ジャンル : アイドル・芸能

17:07  |  ドラマ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

徹朗さん,

いいよね~。
学校できっぱり凛ちゃんを守る徹朗さん、
いいお父さんだよね。
最後に可奈子さんと向き合う徹朗さん、
ステキなだんな様だよね~。
エリートサラリーマンもかっこよかったし。
見たくなっちゃいました。
ponpo | 2006年10月12日(木) 17:23 | URL | コメント編集

>ponpoさん

最初は、なんでもっと凛ちゃんのこと考えてあげないんだ!って思ったけど、
どんどん素敵になっていきますよね~、徹朗さん。

凛ちゃんを守るために「ちゃんとしてくれるまで毎日来ます!」っていうシーンでも泣いちゃいました。
素敵なドラマですよね!!
momo | 2006年10月12日(木) 21:47 | URL | コメント編集

僕彼女~よかったよね。
剛くんがどんな役でもこなせるって証明にもなったし。
かれんちゃんも可愛かった。

僕道、まだ見れてないから、次回までには見なきゃ(((^^;)
きょ | 2006年10月12日(木) 22:35 | URL | コメント編集

再放送も終わったね。
今日は甲子園連れて行かれたので見れなかったよ(涙)
明日見よう^^
それにしても、ツヨポンはどれだけの引き出しを持ってるんだろうね~
nan | 2006年10月12日(木) 23:46 | URL | コメント編集

はじめまして

最終回でした、徹朗とカナコが向かい合ってこれからの凛ちゃんの事を話すシーンが凄く好きです。そしてホームの別れは何度見ても泣けます、剛君の表情も。DVD持ってるのに再放送があると必ずテレビ見てしまうんです。
サチコ | 2006年10月13日(金) 01:48 | URL | コメント編集

>きょさん

僕カノ、ほんとよかったです。
加恋ちゃんもかわいかったし、つよぽんの演技も凄かったし。
だけど、今回の僕歩も凄いですね。
つよぽんの演技。
これから毎週、感動することは間違いなしです!!
momo | 2006年10月13日(金) 13:16 | URL | コメント編集

>nanさん

昨日は甲子園に行ってたんだ~!
じゃあ、今日は僕カノみれたかな?
つよぽんの引き出しの多さにはビックリするよね。
それだけしっかり役作りをしてるって言うことなんだろうね~。
momo | 2006年10月13日(金) 13:42 | URL | コメント編集

>サチコさん

私も再放送があると見ちゃいます(笑)

最終回では、
私も、
ホントに両親ともに、大事なことに気づいて、凛ちゃんのことを、ちゃんと考えている所も感動しました。
素敵なドラマですよね!!
momo | 2006年10月13日(金) 13:45 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://244love.blog58.fc2.com/tb.php/296-4c0bfce2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |