スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2006'11.22 (Wed)

僕の歩く道 第7話

今回は幸太郎君の初めての反抗。

幸太郎君、真樹さんが期待しすぎて
プレッシャーかけすぎるから
カンニングなんかしちゃったんだよね。
それに、塾にも通わなくなっちゃって、
輝君のいる動物園に行ったりして。

そんな幸太郎君の気持ち、わかる。
私も、昔塾に行ってて、いい成績とらなきゃ!って
変にプレッシャー感じてた時あったから。
時には、いけないこととわかってても
カンニングしたい!って思ったときもあったし。

で、幸太郎君がまた動物園に行って
塾の帰りの時間に合わせてどこかに遊びに行った帰りに
不良に絡まれたらしく、
帰りが遅くなってしまった幸太郎君。
みんなが探しに行った後、ちゃんと家に戻ってきたんだけど・・・
メガネが割れてて。
逃げる時にこけちゃったりしたのかなぁ?

FC2ブログランキング
ランキングに参加してます!
応援クリックしていただけると、
日々のやる気につながります。
やる気の1クリックお願いします


【More・・・】

そうやって、幸太郎君が
ちゃんと帰ってきて安心したのも束の間、
今度は輝くんがいなくなっちゃった!
真樹さんの反対を振り切って
りなちゃんと輝君を探しに行った幸太郎君。
輝君が、自分と別れたところで立ち往生してる姿を見て、
「探してくれてたんだ」って心の中、
凄く嬉しかったんじゃないかな。
更に新しい道にはいけないはずなのに
幸太郎君探すため、
勇気を振り絞って
新しい道に1歩踏み出した輝君の行動にも。

あんまり表情に出さず笑うことのない輝くんも、
「あっ、幸太郎君」って安心したときの笑顔
いい笑顔だったもんね。
心から幸太郎君が見つかって嬉しかったんだよね!!

そのころ家では・・・
「幸太郎今まで私に反抗したことなんてなかったのに」
と落ち込んで、
さらに、以前輝くんから5000円もらって
ゲーセンで遊んだって言うことも知って愕然とする真樹さん。

と言うか、
今まで反抗しなかったことがおかしかったんだよっ!って
真樹さんに言いたかったけど、
幸太郎君の反抗をきっかけに、
気づけただけでもよかったのかもしれない。

そして次の日、壊れてしまったメガネを
買いに行くことになった幸太郎君真樹さん、そして輝君。
幸太郎君のついでに
めがねを選び始め
「どっちがいい?」という真樹さんに
「笑った顔」って言う輝君。
続いて幸太郎君も「笑った顔」と。
やっぱり笑ってる顔が1番いいもんね^^
来週からは真樹さんもにこやかに笑ってくれてるのかな。

そして、その来週、
今度は園長さんが中心になってくるのかな?
「障害者に理解のあるフリもしなくちゃいけない」
って言う言葉に、
やっぱりそっちが目的だったのかな・・・
と心配になってしまったんだけど。
どうなってしまうんだろう・・・
スポンサーサイト

テーマ : SMAP - ジャンル : アイドル・芸能

23:01  |  ドラマ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

園長さんがどういう風に変わるのかが全然見えません…。
最初はいい園長さんだなって私もだまされていましたけど、
だんだん「障害者に理解のあるフリ」なんだとわかってきましたよね。
古賀さんもそれを気にしているみたいだし、古賀さんも何か働きかけてくれるのかな?
妹の道も結構気になってます!彼女は何で悩んでいるんでしょうね?
ぇり | 2006年11月23日(木) 00:01 | URL | コメント編集

>ぇりさん

今までは、園長さんが心から輝君を動物園に雇ってくれてたのか、それとも出世のために輝君を雇ったのか
どっちなんだろう?と思っていたけど、
やっぱり出世のためだったみたいだね・・・
古賀さんも協力して、園長に輝君への理解を示してくれるようになってもらいたい。

りなちゃんも、きっとこれから中心になる回があるだろうね。
いろいろ悩んでるようだし。
あるとき爆発しちゃうのかな?
momo | 2006年11月24日(金) 13:29 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://244love.blog58.fc2.com/tb.php/445-f7032139

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。